犬のしつけがQ&Aで分かる!

保護犬のしつけでオスワリしない・散歩で引っ張る・遊びをしない

質問内容
先日、初めてのご相談を致しました1歳半の保護犬ドーベルマンです。すばやく、丁寧に回答していただけ、とても助かっております。

さて、2回目以降は、家族構成や飼育環境などはいりませんか?たくさんの方の御相談を受けておられるので、どうするべきかと思いまして・・

里子として二日前にトライアルにやってきたドーベルマンについてです。人懐こく、要求吠えや無駄吠えもせず、トイレも決まった場所で出来、本当に良い子なのですが・・・

ものすごい怖がりのようで、来てから一度もしっぽを上にあげません。短いしっぽをずっと後ろ脚に挟みこんだままです。保護団体のトレーナーの方がいらっしゃる時には尻尾は立っていたのに・・・気にせずにいていいでしょうか?

また、座れをしません。これまでオヤツで釣って教えられていたようで、ご飯が欲しいときに座ります。でも、「座れ」という命令には従わず、首輪を上にあげ、お尻を押しても踏ん張ってしまい、どうしても座らせることができません。

とにかく緊張しているようで、体のどこを触っても嫌がりませんが、とにかくじっと四足で踏ん張ってじっと立っています。嫌な時は、うなったりとかは全くなく、バリケンに逃げ込んで出てきません。

どうしても「おやつ」を使わずにしつけたいのです。力の強い子をどうして座らせたらよいですか?命令と形があわないのかと、とりあえず、命令せずに座った時に人差し指を立て「すわれ」と言ってポンポンと褒めています。これでいいのでしょうか?

散歩では結構引きが強く、私の体中が筋肉痛です。猫に反応するとのことでしたが、犬が叢をじっと見つめているので、無理やり引っ張ってその場を離れたところ、後ろから猫が出てきました。

引っ張ったら逆方向に歩き、止まって「まて」をしたり・・・しましたが、家についたらヘトヘトでした。これでは困ると、「しばらくは食事、水、トイレ、散歩を淡々と・・・」ということだったのですが、家の中でリーダーウォークをしたところ、問題なく引っ張ることなく付いて歩けるのです。でもやはり「すわれ」はできません。

それから、コングを買って来てケージに入れておきましたが、全く興味を示しません。数日したらひもをつけて訓練に使おうと思っていましたが、興味を示さない場合はどうすればよいですか?

最後に食事の回数ですが、今はこれまでいた環境に合わせ、2回ですが、1回にした方が良いのでしょうか?ドーベルマンは、1回の量を増やすと負担がかかるので2回でと言われたのですが・・・(ちなみにフィラリア陽性ですが食事の回数などとは関係ないですよね?)

では、よろしくお願い致します。


返答内容>気にせずにいていいでしょうか?・・

↑はい、もちろんです。まだ家にきたばかりで緊張しているのと、トレーナーさんとは信頼関係が出来たので反応は当然違ってきます。HPでも本書でも書きましたが、犬は相手一人一人を見て感じて、対応を変えてきます。

最低1週間は、チヤホヤかまったり、アレコレさせないでください。

毅然さを保ち、ゴハン・トイレ・水・散歩の世話を淡々とし、コング遊びで初期の信頼関係を作ってください。そこから、コング遊びの中でスワレ・マテ・あお向け・リーダーウォークを混ぜ込んで少しずつ教えていけば良いです。

>コングを買って来てケージに入れておきましたが・・

↑これはいけません。コングは飼い主さんと遊ぶための特別な物で、「飼い主さんの物」という意識を持ってください。それと、コングにヒモを付けたり、跳ねさせて動きを付けてあげましょう。「一緒に遊びたい」という関係も出来ていませんし、まだ遊び方を知らないのです。与えっぱなしも飽きるだけです。

それとコングの新品はゴム臭いので、水に漬けたり洗ったりして、しばらく放置して臭いを飛ばしましょう。

まだ犬に何かをさせようと思ってはいけません。相手への初期の信頼がない時点でコントロールしようとしても、硬直して無理ですし、関係が崩れるだけです。保護犬ならなおさらです。急いではいけません。

>とりあえず、命令せずに座った時に人差し指を立て「すわれ」と言ってポンポンと褒めています・・

↑これで良いんです。犬は何気なく座ったり伏せたり、あお向けになっていることがあるので、そこで首輪をつかみ型をキープしながら指示音とジェスチャーの関連付けで褒めて良いのです。

食事は2回で良いです。しかし、好き嫌いで食べない場合は、すぐ下げて次の時間まで与えないでください。

>フィラリア陽性ですが食事の回数などとは・・

↑これは関係ありません。毎年春から初夏に検査をし、半年間に渡って毎月駆虫薬を飲ませないと、ほとんどの犬はフィラリアに感染します。非常に多い病気で、毎年予防薬を与えるのが普通だと思われてください。

では、今回は以上です。


 


運営者の写真