犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬の訓練所から戻っても噛みつきが直らない犬のしつけ

質問内容
はじめまして...
わらをも掴む思いで堀川さんにメールさせて頂きました。

わが家にはミニチュアダックス(5才)オスがいます。ブリーダーさんから生後3週間で譲り受けました...

結婚後なかなか子供ができなかったので、犬を我が子のように溺愛し、かなり甘やかせ、わがままになってしまいました。

昨年末に子どもを授かり環境がガラリと変わりました。(主人がペットに対する態度もかなり変わりました)

1ヶ月ほど前、子どもが犬を叩いたり引っ張ったりしていた所、子どもに噛みつき訓練に出しました...約1ヶ月の訓練を終え帰って来ましたがムダ吠えや待て、リードを引っ張らないはできますが...

犬は気に入らないと、家族に対して唸る・噛みつく・牙をむく、はまったく治っていませんでした。

訓練士さんの前では、問題だった噛みつきも克服し、比較的手がかからなかった様です...

訓練後は主人に対してはかなり威嚇!
主人との信頼関係は崩れていると思います。

今のままでは一緒に生活していくのは難しくなるかもしれず、私一人が必死になってしつけをしている感じです...

ネットで相談されている方のペットよりも、かなり権勢症候群がひどく本気で噛みつきますが、堀川さんの犬のしつけ本を購入し本気で実践すれば、犬が生まれ変わるでしょうか?

子育てと、犬のしつけの悩みで行き詰まっています...

どうかよろしくお願いします。


返答内容これはいかにも犬らしい普通の行動です。ダックス君は素性が良い子ですよ。本当に素性に問題がある犬なら、生後6か月くらいで、もう大きな問題になっています。

それと、犬が本当に本気で噛んできたら人間の指は小型犬でも食いちぎります。実際に、もっと関係が崩れ素性にも問題がある犬の飼い主さんは、「手を犬に噛まれ裂傷して何針も縫い・何度も病院に行きました」という方も時々いらっしゃいます。

ダックス君はごく普通の犬の反応を見せています。犬を訓練所に預けても、意味はほとんどありません。「犬を良い子にする・・治す・・」という感覚は、正しくないのです。

犬は犬の本能に従って純粋に「環境に適応しているだけ」だからです。そして相手一人一人を見て感じて、それに対して反応しているからです。

訓練士さんの前で良い子にしているのは、性格が良い子になったからではなく、訓練士さんとの間に正しい関係が出来た(犬が訓練士さんを認めた)からです。それだけです。

ですので、今回はご家庭のしつけ環境を正しくすれば良いのです。皆さんが犬に認められる存在になれば良いだけです。ちゃんと5歳の犬でも変わっていきますよ。

もちろん簡単ではありません。犬にも5年間の習慣がありますし、皆さんそれぞれご自分の考え方や価値観があって、犬と接して来られました。それを例えば180度変えるのはなかなか容易ではありません。でもそれはやらなければいけませんし、子供さんも小さいでしょうから心配ですね。

すぐには結果は期待してはいけませんが、でも正しくやったら、やった分だけ結果は比例します。犬のしつけを始めれば、最初は犬も面白くないですから反発も当然します。でも淡々とやり続けてください。犬は段々認めるようになります。

ただし、手法の上塗りだけはいけません。自分の気に入った手法だけ部分的にしても逆効果です。

一番大事なのは普段の何気ない接し方です。犬が関係性を理解しやすい法則に沿って接するだけです。技術的に難しい事はありません。ただ、精神的に安定を保ち淡々と続ける気丈さは必要です。

そして、あせって手法を強引に押し付けないことです。「この手法が良い」と聞くと、とにかく結果が早く欲しいので、ついついその手法だけを強引にやり続けてしまいがちです。

今回は、まず態度しぐさの毅然さをしっかり見直す・・でも無視だけではなく「主導」で遊ぶ事もたくさんしてください。本書でお話しますが、リーダーウォークというものや仰向け固めという手法などなど・・があるのですが、それらを急に100%で始めるのではなく、主導型の遊びの中に少しずつ混ぜ込んでいくと良いです。

関係が崩れているので、対面して何かを強要する手法をすぐ展開するのは良くないです。

まずは態度しぐさ全体を見直すことと、主導型の遊びから様子を見てください。

とにかくあせらないこと・急がないことです。ちゃんと結果は比例しますから、毅然と淡々とやるべきことを続けてください。

犬は何歳になってもしつけできますし、反対に言えば何歳になっても正しい接し方をしてあげないと関係がまた崩れます。犬は犬の本能で純粋に環境に適応して生きているだけです。犬を責めてもいけませんし、ご自分たちを責める必要もありません。正しい接し方を知らなかっただけの話です。

では、頑張って続けてください(^-^)


 


運営者の写真