犬のしつけがQ&Aで分かる!

ラブラドールレトリーバーのしつけ散歩

m1.png
ラブラドールのオス...一歳五ヶ月を飼っています☆

子供三人と夫婦で暮らしています。毎日朝晩ウンチがてら散歩をして昼間は犬小屋でウロウロしています☆

目の前が道路なので帽子を被った人や不審な人、見たことない人だと『ウォウ』と威嚇っぽく低く吠えます。

ガス屋や来客が来ると『わんわん』吠えますが許容範囲内でおさまりいます。困っているのは好奇心旺盛すぎてよその犬に飛びかかると言うか...近づきたいと言うか。大型犬なので結構怖がられていたせいか小さい犬や自分より弱そうな犬にやたら向かっていきます。

しつけはきちんとやって来たつもりですが最近引っ張られて足も手も怪我をしたりストレスに感じています。庭では本当におり口さんです(^^)でもさんぽが辛くて...痛くて。下がれと言えば下がるし。でも他の犬だけはダメみたいでぐいっと思いっきり引っ張ります^^;

会わない時間に散歩したりしますがどうしても会ってしまうと苦痛です(>_<)
犬友達もいるしダメ犬ではないはずなんですが・・

臆病にも見えます。対応が悪いのですか?


m2.png
家族に吠えたり噛んだりしていないようなので、ラブラドール君の素性は良い子です。ただ飼い主の制止をまったく聞かず興奮し暴走するのは、まだまだ主従関係が積み上がっていないのと、他の犬を避けることは間違いです。

犬も哺乳類です。経験の中で慣れ、学んでいきます。その機会を奪えばどんどん適応力が落ちていきます。

問題行動を起こす状況は「教えるチャンス」ととらえ、むしろ積極的にそういう状況を作り、そこで慣れさせ教えることが必要です。

ドッグランに行くも良し、他の犬が良く通る散歩コースに行くも良しです。まず他の犬に会ったらすぐにスワレをさせます。多少強引でもさせます。飼い主さんは犬の背後からしゃがんで、ガッチリ首輪をつかみます。

犬が前に行こうしたら、吠えたら、「ダメ」と同時に首輪を軽く引き、さらに口を手で軽く閉じてあげます。結果的に問題行動は止まりましたので、そこで褒めます。そして口の手を放し首輪の力も緩めると、また前に行ったり吠えようとするので、「ダメ」と同時に首輪を軽く引き、さらに・・・この繰り返しです。

そうやって良い事、悪い事を犬に体現させてシンプルに何度も教えないと、犬の知能では分からないのです。だから教える状況を積極的に作るのです。犬も「怖くない、吠える必要もない」ということを経験の中から学んでいきます。犬や他人に会うことそのものにも慣れます。しばらく大変ですが避けてはいけません。

そして最も重要なことは、主従関係ができていないとどんなに優れた教え方があったとしても、犬は言う事を聞こうともしない・・という本能です。人間も自分が尊敬する人や目上の人から言われれば、「聞かなければいけない」、と思いますよね。

一歳半ですと、まだまだ犬は飼い主を試す行動を見せます。また犬は何歳になっても相手の存在感によって対応を変えます。犬の生涯、しつけに良い接し方をしてあげないといけません。2歳や4歳で急に凶暴化する犬もいます。

犬の本能を良く理解し、主従関係を作れる接し方を学ぶことをおすすめします。

追伸:

子供さんが三人いらっしゃるという事ですが、しつけがしっかり浸透するまでは子供さん単独で散歩など行かせないようにしてください。間違った接し方やあいまいな接し方で主従関係を犬が誤認したり、悪いクセがつく場合があります。まずはご両親がしっかりしつけし、それを確実に子供さんに伝え、それを見て合格なら単独で接してもOKです。

では、頑張って続けてください(^-^)


 


運営者の写真