犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬のしつけで愛されていないと感じる・犬をもっと愛してあげたい

質問内容
いつも的確なアドバイスに感謝申しあげます。

犬はチワワのメスで9ケ月になりました。

家の環境や仕事の関係でリビングにいつもはゲージ飼いとなっております。
ゲージは幅120奥行58のトイレと寝床が少々離れていています。

遊ぶときだけゲージから出します。

ゲージの中でいったんお座りをきちんとさせて落ち着くまでは絶対に出しません。マテの号令でゲージの扉が開いても、こちらがヨシというまでは出てこなくなりました。

食フンもなくなりまして、トイレが済むとサーッと寝床に戻ります。

犬の心理が解らないのでご質問なのですが、ひも付きボールを遊んでいると、リビングのカーペットをクンクンと嗅いでソワソワしはじめます。

ゲージから出た時には喜んで遊ぶのですが・・・

しばらくするとクンクンがはじまります。名前を呼ぶと戻ってはきますが。

遊びが面白くないのか・・・私が怖いのか・・・

ハウスというと直ぐにゲージに戻りますが、オシッコでもないのです。

また、私がテレビをみていると、ゲージの中で

伏せをしたままじーっとこちらをみていたり・・・
伏せたまま顔を下にむけて、まったりしたり・・・
気が付けばかなり静かで、この子具合でも悪いのかなと思うくらいなんだか不思議です。

何を求めているのかな・・・
感じています。

遊びたくてそうしているのか・・・
ストレスを感じているのか・・・
私を嫌いなのか・・・

どうなのでしょうね。

ちなみに主人がいるときには期待感満載になり寝ません・・・

ゲージの中で目をランランとさせてお座りをしてまっています。吠えはしません。

私の場合、なぜ伏せなのでしょうか・・・

外で散歩もします。しかし病院の医師から少々肺が弱いとのことで、あまり長い時間は散歩はしないようにという診断があり、おおむね20分から長くて30分程度にしています。本当は短いのでしょうね。

まだ生理はきていません。医師からは1回目の生理の後に避妊手術をしたいということもあり、待っています。陰部はやや膨れてきておりますので、もうじきかなとは思います。

この時期大切な犬育とはなんでしょうか。
もし可能なときにお返事頂けたら幸いです。
本当はもっと犬を愛してあげたいのです。


返答内容
不安になったり悲観することはまったくありません。とても良い状況です。

本当に関係が悪かったら、呼んでも犬は来ません。

>伏せをしたままじーっとこちらをみていたり・・・
>伏せたまま顔を下にむけて、まったりしたり・・・

↑一緒に居るのが当たり前の良い関係だからです。動物というのは、本来こういうものです。

遊びや狩りの時間以外は、こうしてマッタリして体力を温存します。特に捕食動物はこういう傾向にあり、人間とは生活形態が全然違います。

そして反対に↓

>ちなみに主人がいるときには期待感満載になり寝ません・・・
>ゲージの中で目をランランとさせてお座りをしてまっています・・・

↑もし一日中こんなことをしていたら、興奮ストレスで活性酸素がたまり、炎症を起こしたり免疫力が落ちて病気になります。

こういう反応は、お客さんなど、よその人への反応です。


ボール遊びですが、まだ今は子犬の段階で現状はごく普通です。もう赤ちゃんではないわけですが、全然集中力などありません。休み休みやれば良いです。

また工夫としては、ボールを跳ねさせたり、チョコチョコ左右に動かしたり、タオルでくるんで隠したりしても面白いです。リーダーである飼い主さんが自信がなく楽しまないと、犬も楽しくないです。まずは飼い主さんが楽しんでください。


それと、犬にとっては臭い嗅ぎはとても魅力的な遊びですので、自然なことです。

人間の子供が絵本を読んだりテレビを見たくなるのと同じように、犬は臭いという情報にとても興味をそそられます。


さて、奥様ですが今は幸せな状況ですよ。

他の飼い主さんは、犬の吠えや噛みつきや引っ張りや興奮癖に悩まされています。

そして反対に、そういうことがなくなり落ち着いてくると、今度は「元気がない」とか「自分のことを好きじゃない」といって不安になるのです。

人間というのは無い物ねだりなのです(^_^)

何でも自分の思うような、ちょうど良いようにはいきません。旦那さんへの犬の反応も、興奮しすぎて良くないんです。今の奥様への反応がちょうど良いのです。

まだまだこれから犬の変化はあります。ようやく成長期の前半戦が終わったところですので、これからもっと知能も高くなり、経験も積んで関係が深まっていきます。自分をしっかり持って続けることです。

迷いや不安は、犬にも悪影響を及ぼします。せっかく上手くいっていますので、崩したり変えてはいけません・・・


 


運営者の写真