犬のしつけがQ&Aで分かる!

トイレと寝る場所が逆転している犬のしつけ

m1.png
大変ご無沙汰しています。うちのチワワも一歳をすぎました。

犬のしつけはこれまで通り続けていて、散歩もしっかり歩き、室内のリーダーウォークはリードなしでもでき、オテ、マテ、オイデ、ゴロンは完璧です。無駄吠えや目立った問題行動も特になく順調にきていました。

今心配なのは、トイレの失敗です。ここ二週間ほどで数回失敗しました。
サークルからだしている時は自分で戻って用をたしますが、ある朝サークルを見ると、トイレの横に置いている扉を外したクレートの中にウンチをしていた事がありました。

その少し前からサークル内にいるとき、トイレの上で骨ガムを噛んでいたり寝ている事が多く、夜もトイレの上で寝ているみたいでした。

まずトイレと寝る場所が逆転しているのが問題なので、暑くなってきたからクレート内にいたくないのかと、写真のようにクレートを一時取ってみると、トイレは失敗しませんでしたが、やはり目を離すとトイレの上でくつろいでいました。注意するとすぐに移動しますが、また目を離すと、、、。

見かけたときはひたすらダメといい、移動したらイイコ、といってみますが、なかなか改善しません。

留守番中も多分トイレの上にいるようで、トイレの上とクレート両方でウンチやオシッコをしていて、ちょっと混乱しているようです。

わたしがそばにいる時はトイレは失敗したことはありません。これまでトイレの上で遊ぶこともなかったので、何か原因があるのかと考えましたが、わかりません。

クレートのなかでオシッコやウンチをしても、無言で片付けてまた戻し続けた方が良いでしょうか?

またトイレの上にいたら注意する、を続ければ改善されるでしょうか?

何かありましたらアドバイスよろしくお願いします。ちなみに写真は、帰宅時に失敗していたので、クレートを洗うためにどけているところです。


m2.pngご無沙汰しております。関係作りは上手くいっているようで良かったです。

今回のチワワちゃんは、トイレのメッシュカバーの上に乗る感覚が好きなんだと思います。こういう犬は結構います。また、やっぱり夏場は涼しい場所を探しますので、クレートハウスの中から出る場合が多いです。

それとメッシュだと滑らないので良いんです。ツルツルのプラスチック面は、滑るので犬は嫌います。特にチワワ犬種はヒザが少し弱いので、余計にそういう足場を嫌います。

犬は、非常に敏感に少しでも良い温度の場所やシックリくる居場所を探します。

方法は二つです。

①ホームセンターに行ってメッシュ素材を探し、ケージ下のベーストレーやクレート内に合うように切って敷く。

②クールマットを買う。ウォータベッド式は噛んで破かれます。アルミ板式はフニャフニャしなるので犬は嫌がります。私の用品サイトに天然石のクールマットのカタログがあります。
http://hobby-life.org/

夏場は犬を離すと、玄関のタイルなど冷たくてガッシリした場所に犬は好んで行き、そこでマッタリします。

石マットは最初は警戒しますが、大丈夫と分かると好んでその場所を選びます。

以上は、あくまで統計的に多い・・という事例なので、正確にはチワワちゃんに聞いてみないと分かりません(笑い)。確か以前、タイル張りの階段を嫌がっていましたよね。それで少し、石マットが大丈夫か気になります。

メッシュか?冷たさか?・・どちらをまずやってみるか・・ですね。

トイレの失敗は叱ってはいけません。見ている場面での現行犯であれば、誘導して教えてください。犬は場所の失敗と叱られたことを結び付ける知能がないんです。トイレだけは犬のしつけで唯一叱ってはいけません。叱っても犬は自分がしたオシッコ・ウンチの行為が叱られた・・と誤解してしまいます。

だから叱ると、人が居る前でオシッコ・ウンチしなくなり、隠れてアチコチしてしまう・・という結果になってしまいます。

家の犬も、実は以前トイレの上でよく過ごしていました。でも根気よく、「そこダメ・・コッチ」で褒める・・という教えを続けたら直りました。

夏場はやっぱり冷たい所を好みます。私はステンレス版を買って敷きました。そこが冷たくて夏場のお気に入りです。ペット用の金属マットですと、裏にクッションゴムが所々付いていて、その結果そこを支点に犬が乗るとしなってしまうんです。(クッションのせいで少し浮いちゃう)。

犬は「しなる・滑る・動く(ずれる)・高い・深い」場所を嫌います。

今回のチワワちゃんは何が好みなのか・・う~ん悩みます。私だったら、いずれにしても滑らないようにはしてあげたいので、厚めのメッシュ素材は安く売っていたら買って試してみます。次に石マット。そして現行犯で教えることは常に意識します。

では、頑張って続けてください(^-^)


 


運営者の写真