犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬の散歩のしつけリーダーウォークの真の意味

p13.png
m1.png
生後5ヶ月のゴールデンレトリーバーです。
しつけをしてこなかったせいか散歩の引っぱりがすごいです。今まではなんとか行けましたが、最近成長して体が大きくなってきたので、とても制御できません。

チョークチェーンとか必要なんでしょうか?

m2.pngまず、チョークチェーンなどの「しつけグッズ」ですが、使わないでください。

せっかく高いお金を出して買ったのに、最初から効かない犬もいますし、犬は適応力に優れているので、そういったしつけグッズの効果は段々薄れていくのです。

そしてもっとも重要な事ですが、オヤツやオモチャで釣ることも同じなんですが、そういった物の効果を使うと、一時的には結果が早いことも確かにあるのですが、最終的には問題が解決しなかったり、物の効果に頼ってしまった分、本当の主従関係がどれだけ築かれているのかが分からなくなってしまうからです。

だからオヤツが無い時は言う事を聞かない・・チョークチェーンを着けないとまともに散歩できない・・これでは主従関係が出来ているとは言えません。

散歩だけでなく、何事もそうですが主従関係が全ての基盤です。

そして、毅然と主導して歩く事を意識してください。

よく「リーダーウォーク」という言葉を目にされると思いますが、プロトレーナー達はしきりに「こういう動きをしてください」、といってDVDを売っていますね。

しかし、大切な事は動きではないのです。「体をどうコントロールするか」が重要ではないのです。

例えば興奮が抑えられず、あるいは権勢本能で引っぱりが強い・・反対にワガママで座り込んでしまって、まったく動こうとしない・・

そんな時には、ジッと止まって反対を見て無視・・声もかけない・・これでも良いのです。

リーダーウォークの真の意味は、リーダーとしての毅然とした態度を見せ続ける・・

これが目的なのです。

そしてそもそもの根本原因は、普段のかまい過ぎや甘やかしなのです。

それによって犬の権勢本能が強化され主従関係を誤認し、好き勝手引っぱって歩く・・いつも抱っこして歩いたり外へ出かけるから、それがクセになり当たり前になって、自分では外を歩きたくない・・

そうなってしまうのです。

たかが散歩ではなく、運動でもないのです。重要なしつけの場であり、普段のしつけが表面化する試験場なのです。

そして明るい時間帯に外の世界を見せれば、少なからず他人や犬や猫、鳥や車バイクなどを目にします。

時には犬好きの人に声をかけられたり、ナデナデしてもらったり・・そういった社会化もとても重要なのです。



 


運営者の写真