犬のしつけがQ&Aで分かる!

生後3か月の子犬の噛みつきのしつけ

m1.png
6歳のアメリカンコッカースパニエル、生後3か月のワイマラナー、犬の多頭飼いです。

ワイマラナーの件ですが、飛びついて噛む癖がひどく、手は傷だらけです。コッカースパニエルの時は、こんなに激しかったようには思わないのですが、ワイマラナーは、きっと掴むとなかなか放さない習性を持った犬なのだと思います。

とにかく、歩いていても後ろからピタッと足元に付いてきて、ふくらはぎをめがけて飛びかかり,がぶっとやられます。勿論、どんなに足を振り払っても離れません。

ジャックラッセルテリアが同じように噛みついたまま振り回されていたのを見たことがありますが、同じようなタイプなのでしょうか?

ワイマラナーもそれが遊びと思っているのかもしれません。その後の行動ですが、人に噛みついた時は、仰向け、顎を押さえ、しばらくその姿勢を保ながら、No!と注意をします。

ここのところ、怒られるとわかると、自分からお腹を出しくるっと寝転がりますが、まだその姿勢でも口を大きく開け、噛みつこうとし、しばらく顎を押さえていると、ギブアップしたかのように、大人しくはなりますが、またすぐ飛びついて噛みつきます。

怒られていることをわかっているのか?、疑問ではありますが、やり方としては間違っていませんか?繰り返しひどい時は、リードを付けて、手を伸ばし噛まれないようにもしています。

こんな状況ですが、やり方を変えず、繰り返しやっていくしかないですか?これは、主人に対しても、子供に対しても同じ感じです。

また、コッカースパニエルがウ~と低く威嚇している時でも、少し遠くから、ひるむことなくワイマラナーも吠えかかったり、耳や尻尾に噛みつこうとします。がぶっとやられた時は、少し後ずさりしますが、コッカースパニエルに対しても懲りずに繰り返すので、コッカースパニエルにもストレスが溜まっているようです。

またワイマラナーも私たちに怒られたり、コッカースパニエルに威嚇された後は、より興奮して椅子の足や、近くにあるものに噛みついたり、また人に襲いかかったりするように感じます。
私たちも、少し落ち着いて接するようにした方がいいですよね?

主人が帰って来た時にワイマラナーを抱き上げ、耳を噛ませたり(痛くはないようで、その時は本気で噛んでない?ように見えます。犬も度合いを使い分けているのでしょうか?)膝にのせて撫でたりすることが気になってます。

注意はするのですが、可愛さあまっての行動だと思うのですが、甘やかしになってるのではと、ちょっと心配しています。そんな時のワイマラナーは、大人しく、穏やかでもあるのでいいのかなとも思ってしまったりもします。

子供と同じで、教育方針が異なったりもするので、なかなか難しいところですね。


m2.png本来はこれが子犬の普通なんです(^-^)
犬は生後3週までには目が開き歩き始めます。そして一か月も過ぎていくとピョンピョン跳ねたりドタバタ騒がしくしたり、親犬や兄弟犬に噛み付いてきます。

人間の子供が手で相手をパシパシ叩いたり、キックしてくるのと同じです。

それを親犬は一貫して叱ります。あお向けにしたり噛んで返したりします。兄弟も強く噛まれれば痛いので怒って噛み返します。(子犬の乳歯は細長くて尖っているので、永久歯よりも噛まれると痛いんです。)

そういう経験を、毎日毎日何度も繰り返しながら節度や良し悪しを学んでいきます。その時期に親兄弟と引き離されるわけですから、人間がそれを教えてあげないと、犬は悪い癖が直らないんですね。とても根気が要ります。

甘噛みはいつでもどこでも一貫して口閉じで教えないと、犬は理解できないのです。しばらくはこういう時期が続きます。そのつもりで接してください。

また噛まれるのを怖がっていると、子犬は面白がったり余計に興奮したり相手を見下すようになるので、リラックスして毅然と教えられるように、作業用の皮手袋などをホームセンターで買ってくると良いです。また、古着のズボンを二枚重ねではくと良いです。

コッカースパニエルちゃんは素性が良い子なので、そういうことはなかったかもしれませんが、ワイマラナー君の行動も普通の子犬の行動です。淡々と気長に教え続けないといけません。今は、経験も知能も何も無い猛獣です(^-^)

知能が低いので、すぐには関係性や物事の良し悪しは理解できない月齢です。やっていることは正しいです。興奮する場合は、首輪をつかみスワレ・マテの型をとらせガッチリ固定して静かに褒めます。そうやって落ち着かせる・・飼い主の前ではそうするのが基本姿勢・・ということを教えていってください。

まだまだしばらく大変な時期が続きますよ。
また気長に頑張って続けてください(^-^)


 


運営者の写真