犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬は自分の安全に関わる感覚と記憶力は強い

m1.png最近、ここ2~3ヶ月ぐらい前からですが、普段大人しく何の問題も無いのですが、私の父が何時もの用にナデナデしていて寄ってきたので、抱きかかえようと前足脇を持って抱えようとした所、急に凶変し牙を剥き「ウー」手に噛み付き出血する事がありました。直前まで、寝転がり腹を見せて甘えていたと思ったら、突然です。

もちろん、直後に「ダメだろうが!!」と強い口調で私が叱りました。
父が病院から戻り包帯を巻いた手を犬に差し出し・・「誰の仕業だ・・!」っと言うとやはり牙を剥き「ウー」・・叱られているのは分かっているのでしょうか?
その後、とにかく脇や腹付近は避けて頭や背中、顔等を撫でています。何も凶変はしません。
しかし、私には歯向かわなかった犬でもお尻付近を撫でようとすると「ウー」と言い始めましたので危険を感じ止めるしだいです。

1年程まえ私が抱きかかえようとした時、持ち上げた瞬間に噛み付きそうになられて床に叩き付けた事がありました。しばらく(2~3時間)、私に怯えていました。傘など、棒のような物を持ったり犬に向かって指を指すとウーと言います。


m2.png↓メールを拝見する限り、原因(キッカケ)はこれのようです。

> 1年程まえ私が抱きかかえようとした時持ち上げた瞬間に噛み付きそうになられて床に叩き付けた・・

もし基本的な接し方が間違っていれば、1歳までに問題行動が出てきます。極端な甘やかしや強い体罰もなかったようですので、しつけが根本的に間違っていたわけではありません。

犬(動物)は自分の安全に関わることに対して、非常に敏感で記憶力も強く残ります。

ずっと問題ない環境で暮らしてきたので、社交性もちゃんと持っています。基本的には人間に対して不信感はないのですが、以前の床にたたきつけられた時に痛みを感じた場所付近を触られた場合、条件反射になってしまっているようです。
動物は知能が低い分、そういった感覚(自己防衛本能)がとても鋭いです。

(念のため、動物病院もいってください。「違う」という確認も必要ですし、コーギーが胴長なので椎間板など痛めてないか心配も少しあるので・・)

まずは、そこを触っても「怖くない、痛くない」ということを少しずつ理解させる必要があるわけですが、主従関係をもう一度見直し、環境面も整えてあげる必要があります。

・職場に長時間居させるようなら、放し飼いにせずケージとハウスの落ち着ける環境を作るのは有効です。
お客さんに噛み付くのは大問題ですし、従業員さんにしろ、もし誰かに噛み付こうとして思わずたたいたり、怒鳴ったりすると、さらにこたろう君も驚き興奮して、人間との関係が悪循環になる可能性が大きいからです。

・主従関係、信頼関係が崩れていると、犬はどんな優れた手法を使われても言う事を聞きたいと思えません。また嫌なところを触られれば嫌がりますし怒ります。

もう一度しつけの基本に返り、主従関係と信頼関係を積み上げましょう。
自宅の中でも放し飼いは止め、ケージ内にハウス、トイレのセットです・・

意味なくかまう、オヤツ・・これらもいけません。散歩もノーリードではなく、リーダーウォークで主導してください。
急に強い「あお向け」はしないでください。何日もリーダーウォークを続けた後、少しずつ試してください。

最初はボール遊びの流れの中で、ちょっとひっくり返してみる程度から始めましょう。徐々にあお向け状態の時間を長くしていきます。ある程度あお向けが浸透してきたら、少しずつ軽くわき腹を触ってみてください。

あお向けでマテをさせ一瞬触り、怒らなかったら褒める・・また触って褒める・・少しずつ触る時間を長くしていきます。それが問題なくなったら、他の家族(大人)にやってもらいます。

そうやって、主従関係を取り戻してから徐々に「触られることに慣れる」を練習してください。

(その他)
今までもなかったとは思いますが、体罰は厳禁です。犬は体罰を理解できません。その場でおとなしくなっても他の人を攻撃します。手を上げる素振りや物をたたいて大きな音を出す・・大声で怒鳴る威嚇もいけません。
※他のご家族にも体罰がなかったかもう一度確認してください。「実は他の家族が威嚇していた・・たたいていた・・」ということもたまにあります。

同居、別居に関わらず、ご家族全員にしつけを浸透させてください。特に散歩するお父さんと妹さんです。好きに歩かせずリーダーウォークを教えてください。

スキンシップを取りたいときは、ヒモ付ボール遊びや、あお向けをすれば良いです。また意味なく話しかけたり触ったりせず、スワレ、マテ、フセなど何でも良いので何か指示を出して、出来たら褒めるようにしましょう。

では今回は以上です。あせらず無理せず少しずつ始めてください。


 


運営者の写真