犬のしつけがQ&Aで分かる!

突然飛びかかり手を噛み流血させる犬のしつけ

質問内容
こんにちは。犬のしつけに困って、最後に堀川さんのサイトを見ています。

我が家の犬はウェルシュコーギー男の子1歳になりたてです。

幼い頃から噛みぐせがありましたが、怒っても止めず、息子達のズボンの裾をかみ、靴下も噛むと離さない、取ろうとすると誰にでも唸る。

今朝は洗面所から私と一緒に出てきた5歳の息子に突然飛びかかり、手を噛み流血しました。過去にもなんども流血しています、家族全員が。

犬は去勢手術しました。まだ抜糸はすんでません。カラーをつけています。

それまでにプロにお願いし、散歩の仕方や主従関係の築き方(ニーブラの様にしながら、足裏をくすぐる)を習い、ほぼ毎日やりました。

もう悲しくて悲しくて仕方ありません。

主人は体罰を与えていますし、私も悪い事をしたら、叱咤や叩いたりもしました。

が、効果はないと感じたため止めました。

だから、今はあえてリードを終日つけて管理し、悪い事をしたらリードを踏みつけて怒る、ニーブラを続けています。

何かヒントをください。よろしくお願いします。


返答内容
今回は、もう一度最初からやり直された方が良いです。それと結果を急がないことです。

長い間の習慣と関係がありましたので、激変しても犬が適応できずパニックになり、余計にこじれます。

あせってすぐに結果を出そうとすればするほど悪循環になりますので、今回はもう今までのやり方や意識を全てリセットして、長期目線で本質のしつけに取り組まれた方が良いです。

まず、体罰はいけません。

犬の知能では体罰が理解できません。

自分がした悪い事と、受けた罰を結び付けて反省できる知能が無いのです。人間の幼子も同じです。

不信感をつのらせ、防衛本能を強化してしまうだけになります。

また怒声で怒ったり、犬の名前を呼びながら叱ったりもいけません。


そして、今回のトレーナーさんもお止めになられてください。

「足裏をくすぐる」というような、表面的な手法で関係が作れるほど犬はバカではありません。知能は低いのですが、相手の精神性を見抜く本能の感覚がとても鋭いのです。

まずは犬の特性をよくご理解されたうえで、犬の本能に分かりやすい接し方で示してあげないといけません。常に一貫して、毎日毎日続けてあげないといけません。


>今はあえてリードを終日つけて管理し・・

↑リードで主導してあげること自体は良いのですが、「どう管理するか」になります。

例えば、お部屋のどこかに「リードで犬をつなぎっぱなし」では意味がありません。

メールの文面を拝見する限り、過去は放し飼いだったようにお見受けいたしますが、それは良くありませんので(理由は教材にて)、普段はケージ内(トイレや水やクレート完備)に犬を居させて、犬を出すときは飼い主さんがリードを持って過ごす・・・あるいは、ご自分の腰にリードを一周縛ってそこに犬を付ければ、両手が空いて家事などもこなせます。

その態勢で団らんしたり、『主導型コング遊び』をします。

発散不足もありますので、散歩の時間と遊びの時間もたっぷり確保しないといけません。

また噛み癖が強い子には、ケージ内に皮ガムや歯磨きロープも入れてあげたほうが良いです。


>悪い事をしたらリードを踏みつけて怒る・・

↑これも犬には少し分かりにくいですので、これよりは

■革手袋をした手を犬に見せて、噛もうとした瞬間に「シ!」の注意音と同時にリードをチョンと引き上げて教える

という方法のほうが良いです。

何度も何度も繰り返し、集中的に反復練習することです。

また、主従関係をキチンと示すために、すぐにその場でリーダーウォークに移行します。

毎日毎日続けて、噛み癖が落ち着いてきたら、その後は接触系のしつけで『仰向け固め』なども行います。


ということで、まずは信頼関係と主従関係の作り方を見直し、本質的で長期的なやり方にしないといけません。

これから約15年間、家族として暮らしますので、表面的・短期的なやり方ではなく、根本からじっくり取り組んでいきましょう。

今回の状況からして、1週間や2週間ではまだ結果が出ないと思いますし、定着しないと思います。

条件反射が体に染みついていますので、何かの衝動でまた噛んでしまう時もあります。

そんな時も威嚇的に怒ったりされないで、落ち着けて体現で教えてあげる必要があります。

主従関係・信頼関係の積み上げは即席では作れませんので、もう今回は意識設定を変えていただいて、長期目線で取り組んでいきましょう。

ご家族の一貫性も欠かせません。皆さんで統一することが重要です。

それでは、これから頑張って続けていきましょう(^_^)


 


運営者の写真