犬のしつけがQ&Aで分かる!

環境に順応した いかにも犬らしい行動としつけ

p8.png
m1.png
5歳になるチワワを飼っています。
実はそのチワワは父の飼い犬だったのですが、3ヶ月前にその父が亡くなり私が飼うことになりました。と言っても5年間一緒に暮らしてきて何の問題も無かったのですが、なぜか最近私に向かって吠えたり噛んだりするようになりました。

以前は父の犬だったのであまりかまうことがなく、それでも良い関係だったのに何が原因なのでしょうか・・最近少しかまいすぎたのでしょうか?


m2.pngこれは本当に犬らしい行動ですね。
まず、犬が「相手を良く見て感じている動物だ」、ということが良く分かります。相手が変われば対応も変わる・・同じ相手でもその人の対応によって自分の対応も変わる・・まさに群生動物としての習性です。

原因は、明らかにかまいすぎ・・甘やかし・・になります。

お父様は犬のしつけを心得ておられました。チワワちゃんはお父様を頼りがいのある毅然としたリーダーとして認めていたのです。

そしてお嬢様も以前は「特にかまうこともなく」・・これが自然としつけになっていて、良い関係を保てていたのです。もちろん散歩したり、家族団らんは一緒に過ごされたと思いますが、それは甘やかしや、かまい過ぎとは違います。

一緒に居るのが当たり前の空気のような関係・・これが一番です。その関係が良かったのです・・

しかし、お父様が亡くなりお互いに寂しさがあったり、チワワちゃんのことを思って愛情を注ごうとした・・

もちろん愛情は大切ですが、かまい過ぎたんです・・それに対し犬は、犬の本能で純粋に反応したんですね。

犬から見ると、かまい過ぎは従属的な態度に映ってしまいます。それによって犬はリーダー不在で不安になり、「自分がリーダーにならなければ・・」と思ったり、相手を見下すようになるわけです。

チワワちゃんが悪い子になったわけではなく、いかにも犬らしい本能のままの純粋な行動だったのです。

問題の解決法は簡単です。以前のように、かまい過ぎを止め、毅然と接する態度に戻せばそれで良いのです。それを続ければまた主従関係も信頼関係も取り戻し、再び良い関係に戻れるでしょう。

以前出来ていたのですから、これからも必ずできるはずです(^-^)


 


運営者の写真