犬のしつけがQ&Aで分かる!

まだ生後2か月未満の子犬の飼い方しつけ

質問内容
返信ありがとうございました。本日、本も届きました。やっぱり、そーなんですね、うちの子犬(もうすぐ2か月)は、まだまだ小さ過ぎるんですね。

堀川さんに、教えていただいた注意点2点を、注意しながら、頑張ろうと思えました。

食事は、今、ドックフードをふやかして三回は与えるようにはしていますが、一回に食べる量がすごく少なく、ほとんど食べない時もあり、少し心配はしています。ウンチは、ティッシュでつかめる位の固さで、1日に3~4回します。この位なら食事は足りていると判断してよいのでしょうか?

わかりました。しばらくはサークルから出さず、淡々と食事とトイレの世話だけを続けてみます。サークルから出さない事は、ストレスにはなりませんよね?

でも、私が近づいたり、私の姿が見えると、もうすでに吠えて興奮します。サークルから出してもらえると思うのでしょうか?

あと、ご飯を置く私の手、トイレを取り出す私の手に反応して、吠えて、飛び付いて噛もうとします。

吠えたり、噛もうとした時は、まだ無視だけで良いのでしょうか?

それとも、サークルの中で口をつかんでシーとやったり、仰向けにして、ダメをやった方がいいのでしょうか?口をさわる事で、仰向けにする事で、かまってもらっていると、思わないでしょうか?

男の子2人を育てて来たせいか、毅然とする事は、できると思いますが、つい、むきになってしまいそうです。まだまだ、しつけの導入にも、ほど遠い、長い道のりなのですね。

堀川さんからメールを頂いて、覚悟が出来た気がします。が、なにせ無知なので...スミマセン(汗)
また相談にのって下さい。よろしくお願いします。

ありがとうございます。


返答内容>一回に食べる量がすごく少なくほとんど食べない時もあり・・
>この位なら食事は足りていると判断してよいのでしょうか?・・

ウンチが長くつながっていればいいです。コロコロ短く途切れていたり、下痢していなければ大丈夫です。犬も風邪をひくと、コホッと咳をしますので、そういうところはよく観察してください。

食欲も一定ではないのが成長期ですので、病気だけ気を付けて、あとは毅然と対応しましょう。食べないからと言って、フードを変えたりトッピングをしたりオヤツを与えることは厳禁です。声掛けしながら手の平で食べさせるようなこともしてはいけません。

>サークルから出さない事はストレスにはなりませんよね?・・

↑この月齢の子犬にとっては、明るく広い場所に放り出される方がストレスです。また、徘徊やマーキングなど悪い癖も定着しやすいです。

>私が近づいたり、私の姿が見えると、もうすでに吠えて興奮・・
>サークルから出してもらえると思うのでしょうか?・・

↑これだけでは理由は分かりません。まだ人間に慣れていなくて興奮して吠える場合もあるでしょうし、お腹空いた・・サークルから出たい・・遊びたい・・かまって欲しい・・。色んな欲求があります。

>吠えたり、噛もうとした時は、まだ無視だけで良いのでしょうか?

↑親犬は一貫して淡々と子犬のしつけをします。私達もそうしないといけません。

噛み癖は「ダメ」と厳しく伝え、口閉じの良い型と「シ~」の指示音を関連付けながら褒めて教えますが、まだ子犬が小さくて口閉じが出来ない場合は、噛まれた指を子犬の口に少し押し込むと良いです。

子犬は嫌がってのけ反りますので、そこで褒めます。そして、あえて何度も子犬の口の前に指を見せるのです。噛もうとしますので、またそこで教える・・と繰り返していくと、指を見せても反応しなくなので、そこでしっかり褒めて反復します。

「シ~」にするのは、吠えに対しても同じ方法で教えられるからです。吠えの場合は、対応が甘くなるとかえって「吠えれば来てかまってくれる」と犬が誤解しやすいので、毅然さを保つことと、無視して「吠えても無駄だ」ということも理解させないといけませんので、ご近所迷惑にならない範囲で無視もしてください。

ただし、基本はやっぱり良い型と指示の関連付けです。そうしないで放置していると、犬は「許されている」と思って、さらにエスカレートさせます。噛み癖を放置したなら主従関係が逆転しますし、吠えを放置すると一日中退屈吠えをするようになってしまいます。

ご覚悟を決められたでしょうか(笑い)

もう数か月は大変だと、思っていた方が楽です。期待しないで少しずつ進歩させ、それを楽しみながら続けるのが一番です。「あのころは大変だったね・・」と、笑い話になる日が必ずやってきますから、大きな気持ちで続けることです。

では、頑張っていきましょう(^-^)


 


運営者の写真