犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬のしつけの本質と現実を良く知ることがスタート

m1.pngうちは、今日3ヶ月になるポメラニアンを2週間前に買ったのですが、今いろいろなしつけ方法があるので、色々な本を読んだり、マニュアルなどを購入するべきなのか、どのしつけ方法で育てていこうか悩んでいるところなのです。


m2.pngメールを拝見した限り、もう私が重視している「態度」の重要性については、十分ご理解されていると思います。
 
今そして、これからの課題としてメールを拝見した限り「トイレと物の破壊」になると思います。場合によっては「吠え」と「噛み付き」も顕著になるかもしれません。いずれにしても、まずリーダーとしての態度(リーダーは一人ではありません。ご家族全員がリーダーになってください。犬から見れば自分をリードしてくれる人は皆リーダーです)。
 
主従関係が確立できれば、犬は喜んで言う事を聞こうとします。ただし、犬には人間のような知能がありません。粗相をしたあと、少し経ってから言ってもまったく理解出来ませんし、同時に複雑な言葉を何個も言われてもまったく理解できません。
 
私はホームページで、「型」と「音」でシンプルに関連付けて現行犯で教える・・・。トイレにしても物の破壊にしても吠えにしても全て同じ事が言えます。このような解説をしています。
 
何度も何度もそうして根気良く、シンプルに伝えないと犬の知能では理解できないからです。もちろん、しつけがしっかり出来たならポメちゃんを放し飼いにされてもよろしいと思いますが、予想も出来ない危険もあります。物を飲み込んで死んでしまった犬もいます。ですので、成犬になり何年かして完璧にしつけが浸透してから放し飼いにされるのは良いと思いますが、しつけが浸透するまではやはりケージは必要です。
 
それと放し飼いは一見、自由で良いように思えますが犬にとってみたら自分が守るべき範囲が広くなりストレスが増します。マーキングのためにあちこちでオシッコもするでしょう。人間の視点でのみ見たり考えたりすると、思わぬ落とし穴に入っている場合もあります。それだけはご注意ください。
 
私は森田さんや遠藤さんの教材を具体的に拝見したわけではないですが、主従関係を重視するという大前提は同じです。とにかく何をするにも根気が大切です。
 
あせらず、イライラせず続ける事です。私は過去にオヤツ、チョークチェーン、スプレー、天罰方式などあらゆる手法を試して失敗しました。結局は「物」の使用を止め、根気良く態度から続けたのです。答えはそこにあったのです。とてもシンプルでした。
 
それなのにプロトレーナー達は「しつけグッズ」や「一時的な天罰方式」を推奨して高額な教材販売をしていました。それにガマンできず、私はホームページ作成スキルがあったので一般の飼い主さんに本当に大切な事を伝えたいと思いこのホームページを作ることにしたのです。
 
お話が長くなり申し訳ございませんでした。正直申し上げまして、核心はもうこのメールの内容そのものです。森田さんや遠藤さんのDVDのほうが表面上のテクニックは分かりやすいかもしれません。(私は見てないので分かりませんが)。毅然とした態度・リーダーシップ、シンプルな教え方をご家族全員が理解してやり続ければそれで良いのです。手法など何でも良いのです。時間は掛かりますが犬はちゃんと理解してくれます。
 
また時間をかけることで信頼と絆が深まるのです。


 


運営者の写真