犬のしつけがQ&Aで分かる!

子犬が興奮した時の遊び方?戦い方?しつけ方?

質問内容
堀川さん。いつも質問していしまい申し訳ありません。(3か月半の子犬)

今していることが大丈夫なことかどうか、お伺いしたくてメールいたしております。

前回の興奮時の件ですが、子犬が興奮するこの二つの状況は、身体がとても熱くなる時のように思います。以前に子犬が肺炎で入院した日は熱が40度以上あり、堀川さんがおっしゃる"嫌な身体的記憶"なのかもしれません。

なので叱るのは止めましたが、それでも目つきが強くなり飛び掛かろうとするので、私は本気で応戦しているのです。まるでレスリングの試合開始のにらみ合いみたいのから始まり、手で押し付け合い、そのうちカンガルーの戦いみたいになり、最後は必ず私が勝ち、尻りもちをついた子犬は我に帰り、いつもの顔つきに戻ります。

この戦いをほぼ毎日しています。

昔、兄とやっていた取っ組み合いのけんかみたいな状況なので、主従関係の構築にはマイナスになるのかもしれないと思い始めました。

犬のしつけ状況は、何をする前でもお座りマテをさせ、いつでも出来るようになりました。ご飯前のフセは音と型で自分でやっと出来るようになりました。

サークルの外へ出す時のリード着けでリードを構うのを我慢できるようになりましたが、リーダーウォーク中は、見ると首輪付近のリードをくわえた状態で後ろをついて歩きます。サークルから出して慣らしたあとのリーダーウォークは、無言で軍隊みたいにひたすら後ろからついて歩き続けています。リードのたるみも常にあるのでリードさえくわえなければ問題ないのにと思っています。

オシッコ、うんちは声かけはせず、離れた場所で様子を伺っているとシートでします。ただ、オシッコをしたシートを片付けないでいると、それを取り去ってかじり散らかします。

まだ団欒などまったりした時間をサークル外で持つことはしていません。サークルから出るのは、リーダーウォーク時、コング遊び時、お散歩とお風呂(毎日)のときのみなので、それらが終わりサークルに戻すと、ピーピー言って立ち上がったり骨をかじっていますが、しばらくするとクレートで寝ています。

以上のような状況です。

気になっております子犬との戦いについて、ご意見をいただけると幸いです。年末のお忙しい時に大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。


返答内容
それくらいの取っ組み合いは全然問題ありません。

本来犬同士の遊びは激しいものです。

そして、節度をまだ知らない子犬はやりたい放題します。それを親犬に叱られたり兄弟から反撃されて、それを何度も何度も毎日毎日繰り返しながら学んでいきます。

ただ注意点は、威嚇的に大声で怒ったり、打撃系の体罰や手を振り上げて脅すようなことはしてはいけません。防衛本能を刺激してどんどん攻撃的な犬になってしまいます。要注意です。

そうではなくて、毅然さを貫いて半分無視のような感じで「お相撲のいなし」くらいの意識・やり方でいてください。

またもし、それでも興奮が収まらないでエスカレートする場合があれば、ケージに入れて布掛けして落ち着けてあげると良いです。

>目つきが強くなり飛び掛かろうとする・・

↑このくらいは本気ではありません。

本当に本気で襲うとなると、歯を剥きだして唸り、強く噛んで振り回してきます。本気でそれをされたら、相手が子犬であれど大型犬ですので、人間の指は千切れます。

先日お話しました通り、治療時の怖い記憶もあるかもしれませんし、あとは人間の子供の「かんしゃく」に近いものもあります。

だだをこねて、急に泣きながら怒ってジタバタすることがあります。これは自己・自我の芽生えでもありますので、哺乳類の成長の証としてとらえることもできます。

いずれにしましても、先ほどの注意点だけ守っていただいて、あとは毅然と向き合っていただいて大丈夫です。

それでは、また頑張って続けてください(^_^)


 


運営者の写真