犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬のしつけで経験させ慣れさせ成長して吸収する時期

m1.pngちょっと苦戦していて・・・
教えていただきたくメールさせてもらいました。
 
うちは Mダックス♂ 生後5ヶ月 家に迎え入れて2ヶ月 の犬を飼っています。気の弱い子なのでしょうか、すぐおなかを出してしまう子です。
 私が呼ぶと飛んできてすぐにコロンとおなかを出します。
 
散歩をしてて見知らぬ小学生の子が寄ってきてもしっぽをフリフリしてコロンと横になります。なので、「あお向け固め」をやっても常にしっぽをフリフリしています。
 
これでも効果はありますか?
 
それから、リーダーウォークなんですが、勝手な方向に行こうとするので私が方向転換をすると、その場に座り込んでというか、伏せてしまい、その場から動こうとしません。
 
わたしもそっぽ向いて知らんぷりしているのですが、しばらくその状態が続いた後私がリードを少し強く引き歩こうとすると「ウグッ ウグッ」と苦しそうにしながらもまだ抵抗しています。
 
こんなかんじなのでなかなか歩く状態ではありません。こんな感じで続けていて大丈夫でしょうか?
 
ちなみに今までの散歩でも、まだ外が怖いようで家の前の道を100m程、行ったり来たりという散歩でした。


m2.png
まずダックスちゃんはとっても良い子ですね(^-^)
 
生まれつきの素性が良いか、ショップかブリーダーの環境が良かったと思われます。
 
普通の子は、教えずに自分からお腹を見せることは珍しいのです。(犬種のお話ではないです)。
 
現代のショップもブリーダーも、ビジネス優先の飼育になってしまい、早くから親兄弟と引き離したり、人間と接触させる機会を作らなかったり体罰をくわえたりと、一番大事な時期を悪い環境で過ごしたために、その後のしつけに大変苦労するのが普通なのですが、本当に幸運です。良い子に恵まれました。
 
人間に対する信頼と友好性はちゃんとあるようですね(^-^)
 
あお向けはそのまま続けてください。
 
次にリーダーウォークです。
 
服従心はすでに多少持っていますので、今後の課題は、外の環境に慣れる・・ということと、飼い主と並走して歩く・・ことになります。
 
まずは室内で「ツケ」の練習をしてください。最初は無理に歩く必要はありません。
 
自分の右か左どちらに付かせるか、一貫して決めてください。
 
私は左と決めているので、自分の左の太ももをポンポンたたき、「ツケ・・ツケ・・」と声をかけながら、リードをたぐり寄せて犬を左足のわきに付けさせます。
 
犬は自ら来たわけではないですが、付いている状態には間違いがないので、来て付いた時点で「良い子」で褒めます。(軽く体や頭をポンポンたたいて褒める。褒めすぎはNG。)
 
そしてまた一歩か二歩動いてから止まって、自分の左の太ももをポンポンたたき・・・この繰り返しです。
 
そうやって犬に何度も何度も体現させてあげないと、犬の知能では物事の良し悪しや、自分が何をするべきなのかが分からないのです。
 
次に、静止状態で合図で付けるようになったら、今度はゆっくり歩きながら練習してください。
 
そこまで出来れば室内での練習はOKです。
 
(ちなみに私はいまだに、主従関係を確認する儀式として屋内で毎日少しはやるようにしています。ゴハン前など。)
 
あとは外の環境に慣れる・・これは数を経験するしかありません。
 
過去2ヶ月は、ほとんど外を散歩されなかったでしょうか。または、抱っこなどをしていなかったでしょうか。
 
自分で歩くのが嫌で、抱っこしてほしくてダダをこねている場合もあります。他人に友好的なので、怖さで止まっているというよりは、ダダをこねているようにも思われます。
 
抱っこは緊急時以外、止めましょう。やむを得ずする時は、あお向け状態です。
 
単なるダダをこねている場合は、根競べです。反対を見てジッと止まって無視です。動き出すまで待ちます。
 
あるいは時間を少しおいて「ツケ」の指示です。
 
対面して引っぱったり、強引になってはいけません。またリーダーウォークもあお向けも、体をコントロールするのが目的ではありません。リーダーとしての毅然とした態度を見せるのが目的です。
 
また散歩で遠くまで歩くことは、今は考えなくて結構です。まずは室内→家の前→近所・・と少しずつ伸ばせば良いです。
 
ではしばらく、以上のことを意識して続けてください。
 
今は一番成長して吸収時期です。また、もうすぐ反抗期に入ってきますので、特に1歳までは踏ん張りどころです。
 
(次回メールをいただける時は、HPでご案内してありますとおり、一日の流れや過去の接し方など具体的にお知らせいただければ、より具体的なアドバイスが出来ると思います)。
 
では、また頑張って続けてください。


 


運営者の写真