犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬服はストレスになるか?

m1.pngいつも犬のしつけの相談にのっていただいて、ありがとうございます。褒めていただいたり、励ましていただいたり、気を引き締めるようにアドバイスしていただいたり・・・。
どれほど気持ちが軽くなって、犬との暮らしも楽しいものになるか・・・
一人で悩まずに話を聞いて頂けることは本当にありがたいことです!まるで子育てと同じですね~。
益々、良い家族関係を築けるようがんばります。
ところで、寒くなってきたので犬用の洋服を初めて買ってみたのですが嫌がらず着ているのですが、犬に洋服を着せることは犬のストレスになるっていう話も聞きますが・・・どうなのでしょうか?


m2.pngせっかく犬服を買っていただいたのに・・こんな話をしてしまうと気が引けますが(笑い)
 
実は犬に服を着せるのは、健康上あまり良くないんです。
 
犬は寒さに適応した動物です。まず人間よりも皮下脂肪が厚いです。それから被毛があるわけですが、気温を感知してその被毛の産生量を寒さに応じて変えます。さらに短期的な部分では、毛の寝かせ具合(肌への密着度合い)を変えて体温を調節します。暑い時はパンティング(ハァハァ息をすること)で冷まします。
 
ですので、室温を高くしすぎると被毛(いわゆる冬毛)の産生量が増えず外の散歩を嫌がったり、特にピチッとした服を着せると体温の調節が上手くいかず、暑すぎて蒸れて皮膚炎を起こしたりもします。
 
ホントに真冬で、夜や留守番時に暖房を消さなければいけない時には、犬服も良いと思うのですが、それ以外では着せないほうが健康には良いです。私は真冬だけハウスに毛布を入れるだけです。でも暑いようで、直ぐ出しちゃいます(笑い)。
 
もともとチワワとヨークシャーテリアのミックス犬ですよね。ヨーキーはイギリス創出ですので寒さにはしっかり適応していますし、チワワも1000年以上の歴史があり、南米の高地で生き抜いてきました。南米と言っても南極側では寒いです。そして高地は昼間暑くて夜は寒い・・という厳しい気候です。今でもチワワは南米の高地では野良犬なんですね(^-^)。それでも立派に生きています。
 
それから更に「雑種強勢」といって、ミックス犬などの混血種は両親の良いところを受け継ぐので、体が丈夫で病気にかかりにくい傾向にもあります。
 
犬の体は気温を感知し、自律神経で寒さに適応した体に変化していくので、本来はそれに任せるほうが犬にとっては快適といえます。
 
ですのでもし犬服を着せるのであれば、通気性が良く薄地で軽いファッション目的で着させるのが良いと思います。
 
では、犬のしつけの方も頑張って続けてください(^-^)


 


運営者の写真