犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬のしつけでダラダラ餌を食べる場合のしつけ

Q.ご質問:
犬を3匹飼っている者ですが餌のしつけについてです。

秋田犬が餌を一気に食べないで、ちょっと食べては寝そべって、誰かが動くと警戒して餌のそばに寄り、末っ子(6才の子)には特に警戒心が強く、その子が通る時は吠えて威嚇します。

他の2匹(他犬種)がハウスの中で餌を食べてると、そこに向かって吠えかかってと...秋田犬が食べ終わるまで2匹はケージから出せずと、餌の時間は緊迫しています。

一般の犬のしつけ本などを見ると、ダラダラ食いはよくないので、さっさと片付けてしまいましょう・・と書いてありますが、そうなんでしょうか?


A.お答え:
ワガママがない健康な犬は、休みなく一気にエサを食べるのが犬の本来です。

病気でない場合は、下記の可能性があります。

・単なるワガママ。オヤツやトッピング、人間の食べ物を時々与える、などをしていると好き嫌いをしてドライフード(ドッグフード)を食べなくなります。

・夏は体温を維持するためのカロリーが冬ほど必要ないので食欲が落ちる。(夏バテの場合は食べるが吐く)。

・今のエサの回数や量が多すぎる。

・引っ越しなど環境変化のストレス。

・ワガママ犬にしつけを始めた場合に、ふてくされて食欲が落ちる。

などです。

まずは食べ物をドライフード一本に絞ることです。そして、成犬になったらエサの回数を一日1回か2回にします。量の調節方法などは本書をご覧いただきたいですが、お腹のポッコリ度合いやウンチの固さで見ます。

エサを犬に与えても食べきらないで残す場合は、10分程度でもう回収して、次の時間まで食べ物を与えてはいけません。声掛けも、手のひらから直接食べさせることもいけません。

エサのしつけも、犬のしつけの大事な要素です。犬のしつけは生活の中で全てつながっているのです。

ハウスのお話もエサのお話も本書でしていますので、到着したらご覧ください。そこでご不明な点があれば、またメールいただきたいと思います。

では、頑張って続けてください(^-^)


 


運営者の写真