犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬のしつけでボール遊びのやり方

m1.png毎日、質問メールばかりで、すみません。。
 
犬のしつけにボール遊びを取り入れて良かったです。喜んで遊んでいます!
紐を付けて、私が動かしているので、それも犬のしつけには良いのですね。


m2.pngボール遊びに限らず、いつでも何でも主導してください。独り遊びや物の与えっぱなしはいけません。社会性も身に付きませんし、物への独占欲が強くなり、主従関係も作れません。
 
犬のしつけや犬との接点は必ず、「指示→犬が従う→褒める」のパターンです。
 
ボール遊びなら、スワレ・マテの指示・・さらにはご自分の目を指差し「ミテ」・・できたら褒めて投げる。(出来なければ型をとらせて褒めて投げる)。ボールを投げる前に、飼い主さんにしっかり注目させる事が重要です。

もちろん、まだまだ主従関係が出来ていませんから、最初から全部出来ることなどありえませんので、簡単なことから一つ一つ確実に覚えさせるようにしましょう。
 
投げたらヒモを引いて呼び戻しの合図を関連付ける、褒める。ひたすらこの繰り返しです。毎日毎日積み重ねて、主従関係も深まっていくと、ヒモが無くても呼び戻して合図で手の平にボールを出すようになります。
 
犬のボール遊びは、もちろん「遊びそのもの」も目的ですし、ストレス解消、狩猟本能のはけ口・・という大事な要素もありますので、時には思う存分ボールを噛ませてあげてください。楽しい時間の共有で信頼関係も深まります。
 

 


運営者の写真