犬のしつけがQ&Aで分かる!

犬の散歩のしつけと食事とウンチのタイミング

質問内容
いつもアドバイスありがとうございます。悪戦苦闘しながらがんばっております。まさに3歩進んで2歩下がる。一喜一憂している毎日です。

吠えは相変わらずですが、シと言うと止みます。(でも又吠えるのですが)ただ以前よりかは、良くなったなった気がします。

またまた質問させてください。

散歩とウンチ:
この時期ですが、暑いので朝は8時まで。夕方は、5時半以降で行うようにしております。平日は、嫁も私もなかなか行くことができず、嫁が夕方に行ったり、私が夜に行ったりしております。たまたま今週が、金、土、日と休みでしたので私が朝、夕と行くことになったのですが、ウンチ・・・

堀川さんのHP、Q&Aも拝見させていただいたのですが、なんとか散歩前にさせようとしているのですが・・・・

金曜:朝の散歩前に30分ほど家でリーダーウオーク、ボール遊び。チチチの合図でもなかなかしません。サークルの中に入れてほっぽといたら見事うんちに成功。
夕方:30分ほど朝と同じようにするもしない。結局散歩に連れ出し5分後にうんち。(外で)

土曜:朝金曜と同じくするも、うんちをしない。今回は、散歩中もうんちをしませんでした。
夕方:同じく30分ほど自宅で遊ぶもせず。結局散歩中(散歩に出て3分後)にうんち。

散歩は基本的にご飯前にと堀川さんのQ&Aで読んだような気がして、ご飯前に行っております。できるだけ散歩前に、サークルから出し興奮させるようにしております。又散歩中もうんちをしたらチチチと声かけしてます。

家でウンチをするときは、基本サークルの中(ただトイレをはずしてすることもしばしば)ですが、なかなか現行犯でちちちとできません。

むやみに犬を見ないようにしているためです。どうしても行動をチェックしようとすると目が合ってしまいます。この時期暑いので散歩できる時間が限られています。

散歩前にうちんをさせようとねばって自宅でリーダーウオークをさせていると、朝は、どんどん暑い時間になってしまい、夕方は、暗くなってしまいます。

結局30分ぐらいで根負けしてしまい、散歩に連れ出すのですが・・・・・

できればウンチをトイレでしたら散歩というふううにしたいです。(かと言って今のところうんちを拾う面倒以外は、困っておりわけではありません。)

私の住まいがマンションの為、堀川さんがQ&Aでアドバイスされていた、一旦外に出して、又部屋に戻るというのもなかなか面倒うです。(すいません。)

またどこかで読んだのですが、散歩中うんちをしたら家に帰る・・・・なんてのもあったのですが。今散歩中も結構リーダーウオークができてとても楽しいです。やっぱりせっかく外に出たら散歩したいなーなんて思ってしまいます。

アドバイスの程、おねがいいたします。


返答内容無理に散歩の時間(ウンチとの順番)を決める必要はありません。ご自分の都合の良いように決めて主導していただければ良いのです。

悪いのは犬の催促に合せることです。犬に合せないで、ご自分の主導でしていただければいつでも結構です。

私がゴハン前に行くのは(ゴハン後に行かないのは)、消化の面です。食後は胃腸に血液やエネルギーが集中させないといけませんので、他の活動は控えて食後はゆっくりしますよね。

ですので、犬の散歩→人間の食事→犬の食事という順番にしています。

ただ、今の時期のように夏の暑さだったり家庭の事情もありますので、順番は変わっても良いのですが、食後はせめて1時間は休んでから散歩にいきましょう。

それとウンチとの兼ね合いですが、まだ関係作りも指示音の定着もしっかりできていない段階では、無理に指示だけでさせようとしてもできないんです。

そういう時は、もう散歩に行ってウンチさせ、そこで指示音ジェスチャーの関連付けをする・・。

というふうに、いきなり最終結果を求めないで、その過程の定着にしっかり注力しましょう。今はまず、ウンチの行為と指示音ジェスチャーの関連付けを定着させる時期なんです。

例えば大雨などで散歩に行けない場合は、それで良いんです。犬はとりあえずガマンしますが、本当にガマンできなくなれば家でもしますから、1日ウンチしなくても心配はないです。

そういう時こそ教えるチャンスなので、家で遊びやリーダーウォークなどでウンチを促しましょう。

ちなみに私は、雨や雪でもほぼ365日散歩には行きます。私がウォーキングが好きなので無理やり犬に付き合わせます。(犬には雨具を着せます)

それと、下記の条件をしっかり守っていただければ、外でウンチさせる習慣でも構いません。

・犬からの「外に連れて行け!」の催促吠えをさせない
・多少天候が荒れても外に出る
・ウンチは持ち帰る
・犬に引っ張らせない
・他の犬に吠えない・・・

 

 


運営者の写真